高すぎるマンション査定に注意

マンション査定で、自分が思っていたよりも高い査定額を提示されると嬉しいものです。また他の業者と比較しても高額の査定を提示されると、やはりこれも嬉しいものです。しかしこれは、本当に喜んでも良いものなのでしょうか。
マンション査定は、あくまでもそのマンションに値段をつけるだけです。その場でいきなり売却できるというわけではありません。実際にそのマンションを購入してくれる人がいなければ、お金は手に入りません。
不動産会社の中には、仲介手数料が欲しいためにわざと高額の査定額を出してくるところもあります。しかしその金額で売ろうと思ったら、なかなか買い手がつきません。そうなると長い間そのマンションが広告に載り続けることになり、マンションをチェックしている人からは「よほど人気のないマンションなのかな?」と思われる可能性も出てくるのです。
マンション査定を複数社に依頼すると、それぞれの金額からどういう傾向にあるのかが見えてきます。その中であきらかに不自然な価格がついている不動産会社があれば、なぜそこまで違うのかを確認してみてください。マンションの売却は、ちょっとした違いのはずが大きな違いになってしまいます。だからこそ、利用する側もしっかり警戒しなければなりません。